不動産投資に関する情報が満載!

不動産投資の収支計算

不動産投資の収支計算 不動産投資においては、純粋に賃貸で得られる収益と、ローン支払い計算との2つを踏まえた上で収支を把握する必要があります。
ここでは、最初に不動産投資で得られる収益、次にその収益を基にしてローン返済まで計算し、現金が足りるか、つまりいくら残るのかが大きなポイントになります。
不動産投資で得られる収益は、まず、最初に全てのスペースを賃貸することで得られる可能年刊総収入を求めます。
次に、貸倒れが生じた際に対応する損失と空室が生じる損失を控除し、実行可能収入を求め、ここから総費用を差し引きます。
ここで残るのが純収益になり、総費用には修繕費、維持管理費、公租公課税や損害保険料が該当します。
ローン支払い計算では、最初に不動産取得費、取得のために生じた費用、ローン借入額の3つを計算します。
ポイントの1つに転売益も計算しておくことがあり、投資機関が終了した段階で想定される売却価格から必要となる売却費用や、ローン元本返済額、支払金利総額を計算しておくことで対象物件の投資パフォーマンスをより正確に把握することが可能になります。
年間における収支は、簡単には、実際に得た金額からローン支払いを差し引くことで算出をすることができ、手元にいくら残るかで投資の成否を判断することになります。

不動産投資は毎月の返済についても考える必要がある

不動産投資は毎月の返済についても考える必要がある 不動産投資をすることによって家賃収入などを得ることができるので、老後の資金作りにも不動産投資は向いていると思うこともありますが、不動産投資をするにも、投資用のマンションやアパートを購入しなければいけないことがほとんどなので、その購入資金の返済も頭に入れておかなければいけないでしょう。
投資用のアパート1棟を現金や今ある貯金で購入できるような人であれば問題ないですが、多くの人がローンを組んで、毎月返済しなければいけないことがほとんどです。
こういった時、入居者からの家賃収入が毎月のローンよりも多ければ良いですが、少ない場合は自己負担のローンが増えてしまうことにもなるので注意です。
また、アパートなどの建物は年月とともに古くなってくるので、修繕費なども考えておかなければいけないものです。
ローンがどれくらい続くかにもよりますが、利益が出て自分が得することができるようにするためにもローンは無理して組まないようにすることも大事です。