不動産投資にかかる諸経費

不動産投資にかかる諸経費

不動産投資にかかる諸経費 不動産投資で気を付けなければいけないことは、不動産そのものの値段だけでなく、それにプラスして様々な諸経費が必要になるということです。
不動産の値段ばかり気にしていると思わぬ出費に予算をオーバーしてしまう可能性もあるので注意しましょう。
まず必要になるお金としては、不動産の値段によって変わってくる消費税です。
消費税の増税のタイミングなどによっては思っていた以上の消費税になってしまう可能性もあるので事前にきちんと確認しておく必要があります。
それから不動産会社に支払う必要がある仲介手数料も重要です。
不動産会社によって仲介手数料の料金も変わってきますので不動産投資をするときには、どのくらいの仲介手数料が必要になってどういったサービスをしてもらうことができるのかなど、不動産そのものだけではなく、不動産会社自体も気にする必要があります。
その他にも手続きには印紙代や冬季に必要なお金、不動産取得税など様々な経費が必要になります。

不動産投資の初期費用

不動産投資の初期費用 不動産投資において、物件を購入する際の初期費用というものがかかります。
この初期費用は購入費用の数%、10%弱程度には抑えておきたいところです。
具体的な不動産投資の初期費用として、最初に挙げられるのが仲介手数料です。
仲介手数料は不動産の売買価格によって変化し、大きな比重を占めることになります。
次に不動産登記費用です。
こちらは登記があるたびに支払うものであり、ローンを組み抵当権を設定する場合や所有権を移転させる場合などに用いることとなります。
司法書士に支払うため、金額の設定は人によって様々ですが、だいたい同じような値段設定となっています。

他には登録免許税があり、登記をする際にかかる税金です。
住宅ローンを組んで購入するローン事務手数料や、印紙税、不動産取得税、固定資産税の日割り分、火災保険料などがかかります。
仲介手数料をかけないためには、売主と直接売買をすれば大丈夫ですが、契約のトラブルなどを考えると仲介業者を介した方が無難です。